忍者ブログ
自由に、好きなことをやる、手助け。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

が本当に6回目に突入。
来週終らなけりゃ、もう諦めますよ。

eva.jpg

ちっちゃくて見えないので、あまり行儀はよろしくないがリンクを。
http://gazouuproda.up.seesaa.net/image/viploader1086336.jpg
PR
面白いアニメを見た。
大分前のことになるが、Gigazineで取り上げられていたためにその名前を知った。
「今までGigazineでこういった取り上げられ方をしているアニメは無かったなあ、面白いんだろうな。」
という意識を無意識にしまい込んだままここまで来ましたが、流石です。良かったです。

と、いう訳で、『紅』。

あらすじを簡単に。

五月雨荘というオンボロアパートに一人暮らしをしている紅真九郎(くれないしんくろう)は、
揉め事処理屋をしている高校生。
彼の元に、ある少女の護衛の依頼が、先輩である柔沢紅香(じゅうざわべにか)から持ち込まれた。
その少女とは、世間と隔離された場所で一生を過ごす運命にある大財閥の令嬢、九鳳院紫(くじょういんむらさき)であった。
九鳳院の思惑には反する事態に、対立は必至という中、
真紅郎と紫の非日常な日常が描かれていく。

といったところ。
まあよくありがちな設定なのかもしれない。
しかし実際見始めてすぐにありがちでない場面に遭遇。

オープニングが変(笑)。


音楽もあまりアニメっぽくないと言えばそうなんだが、
何だこのアニメーション(笑)。
作中で描かれる人物と見比べることが難しいくらいで、
実際全話見終わった今でも真紅郎はイマイチ同一人物に思えないという倒錯。
MADではなく正規の作品なのに、「似ていない」、って何じゃそりゃ(笑)。

しかししかし、同時に、実に魅力的であることは否定できない事実。
良い意味で再び、何だこのアニメーション(笑)。

曲の方もその点あまり無いavexっぽさで、なにか気に入った。

アリソンとリリアはなんとなく気が滅入ってしまい、
狼と香辛料はまあ見てもいいかなぁ、という気にさせたのは明らかに主題化の力であったように、
やはりアニメといえども曲も重要である。
ゼーガペイン、サムライチャンプルー、ハルヒ一期などもやはり曲が良かったためどんどん見進めることが出来、
逆にエウレカはアニメの出来に反して主題化が○○だったので、重い腰を上げて見ていた感が否定できないのである。
その点このアニメはガッチリ僕の心を掴んでくれた。
前者の作品に並べるのに躊躇しない十分なクオリティーを持っていたのである。


もちろんアニメそれ自体も面白い。
なによりまず、主人公が後向き(笑)。
うじうじうじうじ・・・・!!!しているのが、武術や特殊能力に反してもいるが、何故か面白い(笑)。
そして周りの女性は皆それぞれなかなかしっかりしているが、どこか抜けた面々で、これもまたいい。
面倒なんで書きませんが、正直みんな変です(笑)。
あと音痴ヒドイ(笑)。

このアニメは日本では珍しくアフレコでなくプレスコで作られていたらしく、
そのためなのか登場人物の掛け合いもとても魅力的で、面白いものがとても多くありました。
是非実際に見て体験してみてください。

「真九郎,ちょっと話がある」
「話があるのはこっちだ」
「そんなことより重要な話だ」
「は?」
「真九郎,今すぐ夕乃と別れろ」
「何だって?」
「夕乃は人を騙す女だ.抜けていて便利に見える女は嘘言吐きなんだ」
「何言ってんだよ,お前」
「わたしは誰よりも佳い女だ.だから真九郎はロリコンになったのであろう?」
「誰がロリコンだよ! 環さんにまたヘンな話吹き込まれたな?」
「身近で手軽な女を選ぶと不幸になると言っているのだ」
「身近? お前のことか?」
「無礼者! わたしは手軽な女ではない! どう言ったら判るのだ,まったく苛々する!」

カッコよかった。
絵も、曲も良かった。
監督は『カウボーイビバップ』の渡辺信一郎。
音楽はNujabesとか。

最後の方は少しマンネリか失速かした気がするが、
しかし見て損はない。
オススメ。
YouTubeに落ちてます。

三日で二十六話見てしまった・・・





ついに、ホントついに、涼宮ハルヒの憂鬱第二期(消失?)が始まった。
なんか先週までやっていたはずの一期の分も見ていなかったし、
特にそんなに見返してもいなかったので、
今日は一体何年の何月何日なんだ!?と久々の番組に感覚が狂ってしまいそうな気分。

な、懐かしい・・・。

Gigazineで『噂の第2期エピソード「笹の葉ラプソディ」放送か』ってなってたときは半分疑いの目で、
どうせまた釣りだろ、という思いもあったがついにツイに遂に!第二期放送なんですね!

ああ~長かった。

ついに「涼宮ハルヒの憂鬱」第2期放送開始、「笹の葉ラプソディ」スタート

http://up.b9dm.com/lz/9969.html
すいません、私不覚にもやられてしまいました。
ええ笑ってください笑ってください。

ああ!笑いたい奴は好きなだけ笑えばいいさ!!!(怒)



コードギアスの最終回が今日あったのだが、
やられちゃった。
その、涙腺が(笑)。


シャルル・ジ・ブリタニアが倒された?辺りから
「あれ?これ・・大丈夫なんですか?」
と疑っていた俺。
マリアンヌの性格がぶっ飛んでたり、ルルーシュ皇帝だったり、スザクが何の違和感もなく狂ったりそっから更にルルーシュ側についたり、ナナリーが思ったより頭悪そうだったり、更に言えばオレンジが味方になったりその原因のマリアンヌどっか消しちゃったり扇ウザかったり・・・
したのですが。
不安でした。正直。
展開急すぎねえか、って。っていうかちゃんと練られているのか、って。
人類補完計画は勘弁だぞ、って。
しかし・・・

はい、終りよければ全て良し。
1期含め、非常に良質なものを見せてもらいましたありがとうございました。


という後味が残ったのが、結果。



最終回見て思ったのは、非常にキャラが立った人物が沢山いたな、と。
色々な人の、希望とか思いとか、そういうものが色々あって、でも思う通りに出来る人も出来ない人もいて、
でも結果として見えなくてもみんなそれぞれ志を胸に歩いていたのだな。と思わせてくれた。
死んでしまってこの回に立っていない人たちも、一人一人しっかりとした考えがあって動いていて、
本当に、なんというか、良かった。
もはや群像劇でした。

あと、今回はオレンジが輝いていたwwww
変態チックな闘い方を見れただけで満足だったが、最後にしっかり耕しているではないですかwww
しかもアーニャお持ち帰りwwwwww
流石、製作者の方々わかってらっしゃるwwwww
今回この記事のタイトルをつける際に、オレンジの名前が思いだせず、探してしまったほどに定着していたオレンジ君。本当に最初から最後までありがとうございましたwwww

51e6d3fc.jpeg

全力で見逃せ!!から・・・

orange.jpg

まさかの好青年(?)wwwwww


もう、初期設定とかいらん、ってことですかね?www
ルルーシュ君もボロ雑巾発言から、更にあのシスコン度合いから考えれば随分立派になって・・・
前なら
「私はお兄様の・・・敵です!!」
って言われてたら全部放り投げて相当な言い訳を用意して諦めそうだったがw
自殺ものでしたね当時は。
それを、演戯だとしても、彼女を目の前にして冷酷に突き放すことができるように・・・

感動した!!(何、古)

まあ、そういうことです。
良かった。満足しました。

ということで、マクロスFの感想はなしで(笑)。
・・・あ、なんか映画とかやるんだってね(笑)。



おまけ ; ナナリーがルルーシュの敵になった理由
809 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2008/09/07(日) 22:47:47 ID:bIqCX+UG
 ナナリー「お兄様、トイレへ行くのでルル兄様のように舌で綺麗にしてください。」
 シュナイゼル「え…」
 ナナリー「お兄様、お風呂へ行きたいのでルル兄様のように一緒に入りましょう」
 シュナイゼル「えぇ…?」
 ナナリー「お兄様、お休みの前に兄弟なら皆やってるというあのマッサージはしないのですか?」
 シュナイゼル「ナナリー…普通の兄弟はそんなことをしないんだよ…」
 ナナリー「えっ…」

 その後

 ナナリー「私はお兄様の敵です」
 ルルーシュ「ナナリイイイイ!!」
 

http://www.syu-ta.com/blog/2008/09/09/015249.shtml

 


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/04 accislita]
[05/01 hikaku]
プロフィール
HN:
scatteredshower
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
プロフィール
HN:
scatteredshower
性別:
非公開
カウンター

忍者ブログ[PR]