忍者ブログ
自由に、好きなことをやる、手助け。
[207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [196]  [198
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お前の人生のベスト5曲は何だ!?

と聞かれたもののそんなものには到底お答えできかねますので、
じゃあ代わりにもの凄く衝撃を受けたハマッた曲ってなんだっけ?
それならある程度数も限定されるだろ、
と考えてみることにした。

こことかでは好きな曲だからバカラックとか挙がったりしてるんだけど、
いい曲じゃなくて『その当時』衝撃を受けた曲だからクオリティとしてはどうか、ってのもある。
が、まあ気にすんな、ってことで、
とりあえずウブであり感性もまだ若々しく色々経験をつんだ今ではもはや驚けないものが多い中当時は様々なものが新鮮で驚きであった、高校時代に衝撃を受けたものを挙げる。

なんとなく年代が特定されそうなところもあるのだがしかし古いものもやはり強い。
しかも割とベタなものになってしまっている。高校生だし、まあこれも気にしない。
因みに僕は、就職活動も気にしてないよ!!(笑)



リフレイン / cune

・なんか、今までと違うところで音楽を初めて聴いた気がした当時。
高校の中でも行き帰りでも家の中でもかな~り聴いた覚えのあるこの曲。
別にこれ目当てにアルバム買ったわけじゃなかったんだけど
(当時はサムライドライブがhitomiにカバーされ、クローバーが挿入歌になってたりしたので)、
しかし一曲目から「なんかイイ・・・」と思い二曲目のこの曲でやられてしまったのでした。
曲が凄くいい。コード?それに乗るボーカルも、そしてベースも凄い。

その後残念ながら、彼らはラップもやっちゃうんです!!とか言い出したので
「あ、ダメかもこいつら・・・」
と非常に無念ながら・・・し、
そして彼ら自身も色々と考えた末に、活動休止を選んだ・・・
しかし当時、特に初期はもっと売れてもおかしくなかったと思うなぁ。
多くのミュージシャンにとってもそうだが、実力の如何と売れ行きとにはあまり相関関係がないのが悩ましいところ。
一番相関関係があるのがテレビの露出、っていうのも残念。

そういえば、この曲を部屋で流していたら、家に遊びに来ていた母親の友達からコレなんて曲?と聞かれ、
いい曲だと言われたのも記憶に残っている。
「あ、やっぱりお前わりと誰にとってもいい曲なんだな。ちゃんといい曲なんだな。」って思った。
因みに当時ベースを弾いていたので中村泰造に(演奏的な意味で)なりたいと思ったりもした。



Num-Ami-Dabutz / Number Girl

・バスケットボール部の夏の合宿中、たまたま聴かせてもらったライブ盤で衝撃を受けた。
その前から少しは聴いてはいたが、あんまりとっつきやすい印象がなく少し敬遠気味だったのだが、
これを聴いて
「リズムの革命や~!!!(特にボーカル!!)」
と感動した僕はキツイ合宿の練習へ行く前、休憩時間の終わりにコイツを聴いて、
モチベーションを高め体育館に足を踏み入れることで、
晴れてチームの得点を背負うファーストオプションとして改造されていったのでした。
因みに当時ベースを弾い(ry・・・ので中尾憲太郎(何才だったか?)に(パフォーマンス見た目的な意味で)なりたいと思ったりもした。



ハピネス / syrup16g

・スラムダンクとsyrup16gが僕の青春です。
内向的な傾向のある僕は、中学の時からそういえばそうだったんだけど、
何かやらなくちゃいけないのは分かってるんだけどもう嫌になってしまってほっぽり出して、
軽くいや~な、じめ~っとした気分のまま夕方や深夜、バスケットボール持って出歩いたりしてた。
そんな性格に見事に入り込み、
救いの手は差し伸べてはくれなかったけど(そんなものはこちらからお断りだったけど)、
自分を省みる自意識過剰なあの時間を一緒に過ごしてくれて、
というより褒め言葉なんだけど無為に消費させてくれて(そういうことが必要なこともある)、
なんかむしろもっとこいつらの方が深刻ぽかったんじゃね?www
と今では思えるほどにさせてくれた、こいつらには感謝。

あ~~た~~ま~~は~~ハピネス!!

とか歌いたくなるときもあるんだよ、やっぱり。

小学五年から人生の根は腐ってるし
天才だったころの俺にまた連れてって欲しいし
安定感なんか敵だし
愛しかないとか思っちゃうヤバイんだよ、もう。

今でも俺に存在価値はないし
明日を落としたら誰も拾ってくれないんだろうなぁ、とも思うよ。

こんな感じ。16gのsyrupにどっぷりと漬けられてしまったことが分かってもらえたでしょうか。
解散しても翌日は来るんだよね、きっと。


Clair de lune / Debussy

・印象派は素晴らしい。やっぱり好き。
中学の音楽の授業でラヴェルの『水の戯れ』聴かせてもらったときも
「綺麗だなぁ・・・」
自宅のリビングでサティがかかっていた時も
「なんか不思議な、でも好きだなぁ・・・」
って感じはずっとあったのだが、
実際クラシックを買い始めたのはもっとずっと遅い。
何がきっかけか?
リリィ・シュシュの全て
salyuが歌う曲も相当良くて僕は大好きだけど、
やっぱりDebussyの曲の美しさといったらなかった。
あの映画は音楽も映像も、なんか切ない感じでね。
岩井俊二も好きだし、いい仕事してるなぁ、と思ったが、
小林武史もやっぱり半端ない。
とも感じた。
そしてその上にDebussyが鎮座しているのが見えた(聴こえた?)ので。
幻聴の類かもしれないが。
それだけ。
そういうことです。


Autumn Leaves / Cannonball Adderley

・Milesカッコよすぎ。
やっぱ名盤から入るしかないっしょ!?
となんかブルーノートのキャンペーンをやってたのをいい事に、
かの有名なCool Struttin' やMoanin' なんかと一緒に僕のCDラックに納まった一枚。
ジャズは、なんかバーでかかる曲とかあるじゃないですか~?みたいに、
なんつーかオトナ?で静かでムーディーな、とかそんな印象しかなかったんだけど、
ちょっと違ったな、ってのを心底理解した一曲。
Milesはミュートで枯れた音出してるのに、熱い。
誰よりも熱い。
そしてすごくカッコいい。
デカイ音出してるだけが熱さじゃねぇんだぜ、ってことに気付かされ、
またjazzってのはもの凄い情熱をうちに秘めた音楽なんだ、って気付かされた一曲。



21st Century Schizoid Man / King Crimson

・高尚な音の遊戯。
このCDはジャケットの印象がもの凄いので、
その存在と名盤だといううわさは伝え聞いていました。
しかし、やっぱりジャケットの印象もあり、なかなか無い金叩く気にはなれなかった、当時は。
それでついつい後回しになっていたけど、
やっぱりジャケットのみのマイナスイメージで買わないというのは大間違いだ、とその後も度々気付かされた。
このCDを買って帰ってきたとき、なぜかは忘れたけど凄く疲れていて、
帰ってすぐにベッドに横になりたくて飛び込むもCDも早く聴きたくて、
とりあえず一回起きて流した。そしてベッドへ。

そしたら、なんかスゲーのよ。

全然何やってるかわからないんだけど、なんか凄いことはものすごっく感じて、
ベッドの上で「うわカッケェ!なんかわかんねえけどコレスゲェ!」
って興奮してた。
音消えた後一回軽く寝て、そして起きてからはコレばっかり聞いてた。
他のCD、しかも(確か)Sigur Rosの( )とかマイブラのLovelessとか、
名盤も幾つか一緒に買ってきてたんだけど、
とりあえず全部一周したあとはクリムゾンのリピート。
晴れてキングクリムゾンとその仲間たちの(ってぐらい今でもクリムゾンが一番)、
プログレッシブな素晴らしき世界を覗きこんだのでした。







・・・って感じでしょうか?
まあ高校生だからこんなもんでしょ、ってところかね?
まあリフレインだけは少し飽きがあるけど、
他の曲は今でも僕の一級品として位置づけてる名曲ばかり。
まあ普通と言えば普通だが、やっぱり名曲は誰もが選ぶから名曲なんだろう、と納得してくれ。
しかしリフレインは当時はものすごくハマり(改めて聴いてもカッコいいな。ベース素晴らし!)、
あの曲のおかげ(せい?)で今の音楽観は形成されるに至った、みたいなところもあるので、
数は中途半端だが6曲、挙げました。



これ見てSAとかWKとかJTとかTMとかもなんか挙げないかなぁ?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
相互リンクのご依頼
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
Ug7ygJYt
hikaku URL 2009/05/01(Fri)12:29:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[08/04 accislita]
[05/01 hikaku]
プロフィール
HN:
scatteredshower
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
プロフィール
HN:
scatteredshower
性別:
非公開
カウンター

忍者ブログ[PR]