忍者ブログ
自由に、好きなことをやる、手助け。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男子バスケ:田臥、フル出場も敗れる…リンク栃木の開幕戦
 
 宇都宮市体育館で2008年9月26日、佐々木順一撮影 男子バスケットボールの日本リーグ(JBL)が26日開幕。今季からJBLに参戦したリンク栃木は宇都宮市体育館で東芝と開幕戦を行い、米プロバスケットボール・NBAでプレーした田臥勇太(27)がフル出場したが、66-82で敗れた。

 田臥は03年に渡米し、サンズに在籍した04年に日本人として初めてNBAの公式戦(4試合)に出場。秋田・能代工高時代の恩師、加藤三彦ヘッドコーチが率いるリンク栃木に今月入団し、6シーズンぶりの国内でのプレーとなった。

 この日は第1クオーターに3点シュートを決め、好パスでゴールをアシスト。11得点4アシストとまずまずの数字を残したが、司令塔のポイントガードとして攻撃を組み立てられず、「悔しいの一言。フラストレーションがたまった試合」と振り返った。「日本のバスケットは米国に比べて走り回る。スタイルの違いに体が慣れていない」と戸惑いも。加藤ヘッドコーチは「(入団直後で)すぐに対応はできない。今日は良くもなく、悪くもない。今後変化していくと思う」と評した。

 JBLは8チームによる総当たり5回戦のリーグ戦で来年3月まで行われ、上位4チームでプレーオフを戦う。【来住哲司】
毎日jp

20080927k0000m050117000p_size5.jpg田臥が今季から参戦したリンク栃木に入団したのは知っていた。
能代の恩師がいるし、やりやすい部分もあるだろう。
まあそれはいいんじゃないか。
でもリンク栃木ってJBLだったんだね。bjリーグ所属かと思ってた。
今はJBLもセミプロリーグってことになっているようで、実業団と完全プロチームがごっちゃらしい。
で、リンク栃木はJBL所属のプロチーム。
しかしJBLの説明を読んでいるとはしがらみが多そうで面倒そうだな。
bjリーグはJBLに比べてレベル低かったからどうなることかと思ったが、bjリーグが生き残るかもな。
そして合併しちゃえばいいのに。と皆思っている筈。BAAとNBL→NBA。みたいにさ。
正式名称もJBLが日本バスケットボールリーグ、
bjリーグが日本プロバスケットボールリーグ。
うざったい。
リンク栃木こそbjリーグ所属して、田臥人気でその勢力図をはっきりさせてもらいたいところではあった。

日本のバスケット事情はごちゃごちゃしていてよくわからん。
なんか揉めて代表チーム五輪出場停止処分→ローゼン閣下がトップに。とかあったし。



さて、僕は一つ前々から疑問に思っている事があった。
「果たして田臥勇太は現在日本のバスケットボール界でどの程度の位置にいるのか」ということ。
NBAのコートに日本人で始めて立った、ということだけで十分に賞賛に値するものではある。
彼がサンズのユニフォームをきて、スリーポイントを決めたあの試合はしっかり録画して置いてある。
が、しかし。
僕は、さらに言えばもしかするとバスケットボールのファンは、名声を聞きたいわけじゃない。

圧倒的な実力を見たい。

これである。
最近はどうなったかしらないが、正直JBLはレベルが高い。
面白みや派手なプレーがあるわけじゃないが、みんなそつなくプレーをこなす。
簡単なミスはしない。チャンスはきっちり決める。
多少誇張はあるかもしれないが、そういう印象だ。
田臥が2002年にトヨタの一員としてプレーした時も、スタートに定着していたわけじゃなかった。
新人王には輝いたが、同じチームの前年新人王の渡邉拓馬のプレーの方にばかり目がいってしまったのは僕がフォワードだからだろうか。
日本代表になかなか呼ばれないのも、
監督が日本にいない選手はスケジュール的な問題もあり使いたがらない、
本人が今はNBAに集中したいから断っている、というウワサとは別に
単純に実力が足りないだ、という話もある。
さらに。
本人に「自分はアメリカでやっているのだから日本でやっている人たちとは違うのだ」という、
ある種の驕りや傲慢は、絶対にないといえるだろうか?
僕は直接本人を知っているわけではないので、彼の性格は謙虚でそんなことは絶対にありえない、という人もいるかもしれない。
確かにアメリカでは常に挑戦する立場におかれていた。驕る暇なんてなかったかもしれない。
むしろ自信が揺らぐことも多かったかもしれない。
しかし、だからこそ、ということもある。

と厳しいことを書いてしまったが、最初に言ったように、見たいのは圧倒的な実力なのである。
田臥の、意外性、華のあるプレーなのである。
是非、それを日本の僕らファンに見せ付けて欲しい。それが一番の願いだ。
しかし、もし失望するような事があったら・・・そう思って保険としてこんなことを考えているのかもしれない。
とにかく、本当に謙虚に「日本の」バスケットボールに向き合ってくれれば、良い結果は残せると思う。
期待したい。

PR
代々木公園でバスケのトーナメントみたいのがあるそうなので、友達に誘われ行ってきた。
コレ。ALLDAY

選手とかMCとか、おなじみのというか、有名なというか。
この手のストリートバスケのイベントによく出ている人たちが多かった。

そんなにスピードで勝負しないのな。とか思ったらコートが思ったよりもカッタイ。
これじゃひざ壊しかねないよな~。

200809081432.JPG 200809081444.JPG

200809081451.JPG

やっぱりみなさんボールタッチがいい。

ファールぎみのプレイも多くて、でも審判はそんなには厳しく取らないから、
フラストレーションたまってた選手も結構いたみたい。
乱闘直前とか、実際殴って退場とかしてた。
まあ見てる分には面白かったがwww
でもアレ見て少し嫌な気分になる人もいるだろうな、雰囲気悪くなるし。
まあ喧嘩沙汰も含めて楽しむのがいいかな、と僕なんかは思っているけどね。



隣でブラジル祭りやってて。スゲー人。
凄い並んでるからマトモなものにありつけず、とりあえずこれ買った。
b1ece838.jpg
ブラジルの炭酸飲料だと。
左がリモンで、右がラランジャ。
まあ、レモンとオレンジですよ。
うまいっちゃうまかったんだけど、まあ普通だよね。予想どおり。


バスケの試合最後まで見てたら、ちょうど最後の試合あと何秒か、ってところで雨が降り出して。
スコールみたいな凄い奴だった。
コートの周りには大きな木も結構あって、軽い雨なら全然ぬれずにすみそうなくらいにはでっかいんだけど、
もう今回は全然ダメだった。雨の勢いが強くて、体じゅうべしょべしょ。
雨宿りできるようないいところもなかったし、もう諦めて大雨の中帰ったよ。
もう諦めると逆に楽で、ある意味楽しいよね。
その後電車乗ることさえ考えなければだけどwww

トイレでシャツ絞って帰った。
2番線からの電車に乗って帰った。

吐く血


今年は全くNBAFinalを見ずに過ごした稀有な年になってしまいました。
なんだかんだで忘れてしまったり、家にいなかったりして・・・
見たかったなぁ。
しかし年々NBAから心が離れていっているのも事実なのでしょう。

おめでとうセルティックス。
今年はLAKERS VS CELTICS

中学生のころから見ていたNBAも最近すっかりご無沙汰。
思えば2000-01シーズンにアイバーソンがオールスターでMVPをとったのを目撃して以来、
部活にはまりつつあったこともあってのめりこんだ。
当時のレイカーズは強かった。
シャックとコービーも凄いが、周りにいた選手もいい働きをしていた。
オーリー、フィッシャー辺りの印象が強いな。
ピストンズに負けるとは当時全く思って無かったね。
フォーピートかな、って。
でも敗れる。
あ、その前の年にスパーズにやられてたか。
ま、ともかく。
そして王朝は解体された。

部活も引退した今や知らないことだらけ。
時たま一人で八十何点取った、とか聞こえてきたけど。
でも、コービーが凄いのはわかったけど、彼一人ではもう勝てないだろうな、とは思っていた。
そうしたら、まさかのファイナル進出。
まあパウガソルがいるようだし一人ではないんだろう。
でもこのまま個人プレーで終っていくか?と思っていただけに、素晴らしいな。
よくやったな、とか思っちゃう。

対するセルティックスも凄い。
チャンピオンリングに対する執念の結晶、みたいな構成。
ガーネットとレイアレンがピアースに加わって、うわこりゃ強いだろうな、と。
ピアースは(個人的にはあまり好きではない)アントワン・ウォーカーと二枚看板と言われていた時代から
セルティックスを支え続けた。
勝負どころでは自分で点を取れる。というか後半ばっかり調子がいい、くらいな印象。
そこへ、最高年俸を貰いながら、そして2003-04シーズンにはチームメイトにもある程度恵まれながらもウルブズで勝てなかった、しかしもちろん個人的な実力は目を見張るものがあるケビンガーネットと、そしてレイアレンを獲得。
彼らはビッグスリーと呼ばれる。
レイ・アレンはバックス時代も宇宙人サム・キャセールとグレン・ロビンソンとビッグ・スリーなんて言われていたっけな。その時も強かった。ソニックスでも活躍していたし、頭のいい、どんな役割も任せられる選手、って印象。
ガーネットは勝負どころを任せきれる印象はないが、コンスタントに地味めな部分も含めいい仕事をするし、アレンとピアースはいつでも点が取れる。誰とマッチアップさせてもある程度計算できるトップレベルの得点能力がある。
しかも三人とも自分のするべきことを知っている感じのクレバーさ、が漂う選手たち。上手くいくだろコリャ。


さて。どっちが勝つか。
ま、どっちにせよ面白くなりそうだ。
それにしても最近ファイナル進出チームは安定しないな。
まあそれはそれで面白い。


おまけ・映画界のスターであり世界一有名な宇宙人E.T.と、NBAの宇宙人、サム・キャセールの豪華競演。
alians.jpg









カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/04 accislita]
[05/01 hikaku]
プロフィール
HN:
scatteredshower
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
プロフィール
HN:
scatteredshower
性別:
非公開
カウンター

忍者ブログ[PR]