忍者ブログ
自由に、好きなことをやる、手助け。
[40]  [39]  [37]  [34]  [32]  [35]  [31]  [38]  [36]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月6日のアメトーーク『地方冠番組芸人』見て以来気になっていたおぎやはぎ小木の歌をやっと検索する気になって、
で、見つけた。
サビが数字ってwwww


まず矢作から。





そしてこれが小木。




wikipediaより

エピソード
  • 2人の出会いは高校だった。2人とも東京都立北野高等学校卒業。中学から電車が一緒でお互いに気になる存在だったそう。
  • 23歳までお互いサラリーマンをしていた。サラリーマン時代上海勤務だった矢作がホームシックになって小木に助けを求めたら、心配した小木が数日後上海まで様子を見にいく(矢作の彼女だって来てくれないのに小木は来てくれたらしい)。数日後、決まったばかりの就職先を矢作のためにすんなり辞め、「俺、仕事やめてきた。明日から毎日ゴルフできるよ」と小木が矢作に打ち明ける。矢作が「一緒にお笑いしない?」 「暇だし、なんにもすることないし、いいよ」 そして、今のおぎやはぎは誕生した。小木は実質「矢作のためにすべてを捨てた」。
  • サラリーマン時代(貿易会社)、矢作は要領がいいため仕事ができ、上海支店の営業部長の椅子を用意されているほどだったが、忙しさや息苦しさ、殺伐とした単調な生活が苦しくなりホームシックになる。また、矢作はサラリーマン時代の仲間と飲んで近況を聞いたところ、外資系に引き抜かれたり、海外で働いて良い生活を送っている人たちばかりだったそう。
  • 若手時代、二人にはサラリーマン時代の蓄えがあったため、オーディション会場にお互い外車で行っていた。「あいつらただものじゃない。妙な仕事でもしてるんじゃないか」と羽振りの良さを不思議がられていた。
  • オーディションでコンビ名を決めず、とりあえず「小木と矢作」と書き部屋に入ると、次は「おぎやはぎ」と言われそれをそのままコンビ名にした。尚他のコンビがぎりぎりまで練習するのに、集合時間に間に合いそうになかったら次の機会(オーディション)にするほどマイペースだった。



    だそうです。彼らへの見方が少し変わったりするのかな?





  • PR
    この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [08/04 accislita]
    [05/01 hikaku]
    プロフィール
    HN:
    scatteredshower
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    プロフィール
    HN:
    scatteredshower
    性別:
    非公開
    カウンター

    忍者ブログ[PR]