忍者ブログ
自由に、好きなことをやる、手助け。
[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『進化しすぎた脳』がとても面白かった。

茂木なんとかとかなんとかとか、まあ脳について話す人も最近多いし、
脳についての本も沢山出ている。
少し前の脳トレブームの影響もあるのだろう。
情報が多く出回り活発に論じられること自体は結構なことだ、と思う。
しかしながらブームに乗っている人間の性質もあるのか、
脳そのものの性質が論じる際に根拠を必要としないのか、
論じられるその中身は、なんというか胡散臭く感じるものが多く、
似非科学万歳!と盲目に信じるものが悪いのか
とりあえずブーム乗っとけ泥鰌を捕まえろな出版社が悪いのか。
そういうようなことを考えながら、
一歩ひいた所から眺めていた、まあ言わせて貰えば眺めざるを得ない、状況、シーン、というのがあったように思う。
同じように脳科学という響きに胡散臭さを感じている人も少なからずいるのではないか。

この『進化しすぎた脳』の著者池谷裕二は、
脳科学の最前線で今現在研究を行なっている脳科学者である。
まだ三十代。研究者としてはそうとう若い部類に入る。
しかし、多くの科学者が大きな成果を挙げるのは若いときであり、
そういった意味でも、真に脳科学の最前線に立っている科学者といって語弊はないだろう。
そのような、信頼するに足る科学的なバックグラウンドが話のそこかしこに垣間見え、
しかも分かりやすく説明もしてくれる。
なんという良書。
医者や脳科学者という肩書きがありつつも、
固定観念や通念なんかで好き勝手に話をしている方々とは大違いである。

更に、その若さが、文章に熱を加えている。
宮台真司がいう「感染」が起こるに足る、ほとばしる熱さ。
実際これを読んで、脳科学に進もうと決めた、という人もこの本書には出てきている。
(比喩か何かだと思われかねない話だが、文庫化で追加された章があるため、
そのようなパラドックスまがいのことが起こった。)
僕も、この本を読んで、脳科学というものの魅力に取り付かれ、
進路として選ぶのもいいかもしれない、と考えた。

この感染力は何かに似てる、と思ったら、
そうだ、梅田望夫だ。

彼の希望的楽観的なウェブ論は、熱さと心から楽しんでいる空気とが混ざり合い、
一大ムーブメントを巻き起こした。
もしかしたら起こして無いかもしれないが、いや起こした気がする。

梅田望夫が好きでこちらを読んで無い人は、是非読んでみるといい。

因みに、池谷裕二は『記憶力を強くする』という、もっと俗っぽい、
脳科学の良くない主流の上にあるようなタイトルの本も出しているが、
内容はどちらも脳の話といった部分が多く、双方で被る話題もあることからもわかるように、
タイトルに似つかぬ分かりやすい、科学入門書、といった体。
逆に、本当に記憶力を伸ばしたい!と思ってるだけの人は裏切られる可能性も、無いとは言えない。
そして、どちらもブルーバックスから出ている。
ブルーバックスなら安心だ、という人もいるだろう。
安心して買って、読んでみてください。
ブックオフにもよくあります。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/04 accislita]
[05/01 hikaku]
プロフィール
HN:
scatteredshower
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
プロフィール
HN:
scatteredshower
性別:
非公開
カウンター

忍者ブログ[PR]