忍者ブログ
自由に、好きなことをやる、手助け。
[116]  [118]  [114]  [113]  [112]  [110]  [109]  [107]  [111]  [106]  [72
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

見ましたよ~。

大分話題になっていたので、DVD発売前から
『これはある意味全盛期を迎えている永作を見なければ!!』
という思いから首を長くして待っていたのですが、意外と見るのは遅くなってしまいました。

耐え切れずに、というわけではないのですが、このタイトルの巧さもあり原作も前から読みたかったので、
映画を見る前に先に文庫本でこの作品を読んでいました。
その為、この役を松山ケンイチと永作博美がやるのか~、これは楽しみだな~面白くなりそうだな~とある程度頭に絵が出来ていて、そこからくる期待も大きなものでした。

さて。
原作がある作品は色々な形で映像化されています。
非常に原作に忠実なものもあれば、原作のファンからすれば不満もあるでしょうがある程度オリジナルな要素を持つものも数多く。
この作品は、どちらかと言えば後者寄りでした、まあ僕はそう感じました。
色々なところで設定が少しずつ異なっていたりして、まあ言ってしまえば、
『本にインスピレーションを受けて作った作品』のような印象が残りました。

カメラを固定して長廻しで撮った絵は印象に残って、キレイだったし、
全然出来が悪いわけではないのです。
しかし、もう少し、二人を魅力的に描けたような気がしていて。
非常に日常感は出ているけどね、それが少し間延びした印象を与えることも狙いなんだろうけれど。
いや、単純に原作が良かった、っていうだけなんだろうけどさ。
原作は文章量も少なく、簡単に読み終えることが出来たのですが、
いや久しぶりに青春?みたいな?みたいな懐かしい読後感にひたれて、なんか良かったのですよ。

しかし蒼井優の存在感は流石だったな。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/04 accislita]
[05/01 hikaku]
プロフィール
HN:
scatteredshower
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
プロフィール
HN:
scatteredshower
性別:
非公開
カウンター

忍者ブログ[PR]